Société Franco-Japonaise de Biologie

ホーム » 日仏生物学会 » 学会情報

学会情報

1. 規約
2. 役員
3. 事務局
4. 学会誌
5. 日仏生物学会の歴史
6. 歴代会長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【基本情報】

ふりがな:にちふつせいぶつがっかい

欧文名:Société Franco-Japonaise de Biologie

設立:昭和7年10月4日

創設経緯・沿革:昭和4年に当時日仏会館館長として来日していたBlaringhem教授を中心に日仏生物学会創設の動きが始まり、昭和7年に発足。これは日仏会館関連学会として最初の学会である。その後ほぼ定期的に年2回の例会を持ち、今日に至っている(詳しくは日仏生物学会の歴史を参照ください)。

目的:日仏生物学者の友好と連絡をはかり、わが国の生物学に関する研究実績をパリの生物学会誌に発表して、広く世界各国に紹介する。

集会:例会(2回/年)

国内学術連合体への加入:日仏関連諸学会

刊行物 (平成21年度の実績):【日仏生物学会誌】 ISSN/ISBN(冊子):0081-1106 発行数:1回/年 200部/回

国際学術団体への加入:フランス生物学会【事務局所在国】 フランス

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。